からだデリ「1:1:1バランス弁当」について

1:1:1バランス弁当ロゴ
 
十五穀米とチキンカツレツ
十五穀米とチキンカツレツの画像
もち麦とチキンステーキ
もち麦とチキンステーキの画像
 
大阪市立大学医学部附属病院では、病院給食で提供する料理や管理栄養士がそれぞれ料理を持ち寄り、400食以上の詰め合わせを調査し、主食:主菜:副菜を1:1:1の割合で詰めた174食の結果、その容量と重量に強い関係があることを確認しました。そのコンセプトをもとに、からだデリ「1:1:1バランス弁当」は主食(ごはん)、主菜、副菜を同じ割合で詰め合わせて、栄養がバランス良く摂取できるようになっています。
 
詳細は以下のリンクをクリックしてご覧ください。
(一部のリンクは大阪市立大学医学部附属病院 MedStationHealth111のページへ遷移します)